Happening Here/teens

提供: Ysmwiki
移動先: 案内検索

Happening Here/teens」(ハプニングヒア/ティーンズ)は、日本のダンスグループ、trfの12枚目のシングル。1995年5作目で、両A面となっている。

解説[編集]

  • 1995年12月11日avex traxより、アルバム『BRAND NEW TOMORROW』と同時にリリースされた。
  • アルバムリリースの2週間前に小室から「どうしてもこの曲をシングルカットしたい。アルバム発売後でもいい」と申し出があり、レコード会社としての体裁を保つために松浦勝人は即座に小室の発言を通し、早めに発売できるように奔走した[1]
  • 2006年11月29日に12cmシングル廉価版として再発売。
  • なお、収録されているシングル両曲は後に、2006年と2011年に浜崎あゆみがそれぞれカバーをしている。順番では、先に『teens』が9thアルバム「Lif-e-Motions」に収録され、後に浜崎が同年にリリースした39thシングル内にアコースティック・アレンジバージョンによりカバーされた。5年後の2011年には同シングルの『Happening Here』を12月21日に配信限定として発売された(後述)。
Happening Here
  • TRFで椅子を使った初めてのダンス。
  • ライブバージョンでは、イントロにサビのコーラスが流れる。
  • CDとコンサートでは前奏時間が異なっており更に2メロの間に前奏が挿入されている。
  • 同時発売のアルバムとは別バージョンである(シングル版"More dAnce"にはDJ KOOのラップがない)。
teens
  • 森永チョコレート、"ジョイム"、"チョコブロッキー" CMソング(後に東芝設備用パッケージエアコン、"RAV-J280・5603FPH/RAV-SJ2802HT"、"RDA-J280/560HT-S"[2] CMソングにも起用)。
  • 「teens」は、元々ボーカルのYU-KIのソロデビューの楽曲として考えられていたものだが、諸般の事情によりtrfとしての発表となった[3]
  • CMで流れた所が小室が作曲した部分であり、その他のパートは全て久保が作曲した。ロサンゼルスのエンジニアからは共作とは思われず「小室1人で作った」と思い込み、褒めた部分が久保が担当したパートであった[3]

収録曲[編集]

  1. Happening Here [More dAnce]
    作詞:小室哲哉前田たかひろ 作曲・編曲:小室哲哉
  2. teens
    作詞:前田たかひろ 作曲・編曲:小室哲哉&久保こーじ
  3. Happening Here [Instrumental]
  4. teens [Instrumental]

浜崎あゆみのカバー[編集]

Happening Here」(ハプニングヒアー)は、浜崎あゆみの配信限定シングル

解説[編集]

配信限定シングルとしては2007年の「Together When...」より、約4年振りとなり、シングルとしては、2010年の「L」以来、約1年1ヶ月ぶりとなる。

本作は元々開催予定であったツアー『ayumi hamasaki ARENA TOUR 2011 A ~HOTEL Love songs〜』のテーマソングとして製作され、後に開催された『ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2011-2012 A 〜HOTEL Love songs〜』とコンサートツアー『ayumi hamasaki ARENA TOUR 2012 A 〜HOTEL Love songs〜』の開催に合わせて配信される形となったのだと言う。

後に翌2012年8月8日にベスト・アルバム『A SUMMER BEST』にて初CD化された。

収録曲[編集]

  1. Happening Here
    words : Tetsuya Komuro & Takahiro Maeda / composition : Tetsuya Komuro / arrangement : CMJK

出典[編集]

  1. 集英社刊「Bart」1996年6月24日号15Pより。
  2. いずれもセット名称
  3. 3.0 3.1 ソニー・マガジンズ刊 『ギターブック』 1996年2月号13Pより。