メルカリ震度階級

提供: Ysmwiki
移動先: 案内検索

メルカリ震度階級(メルカリしんどかいきゅうとは、ある地点における地震の程度(地震動)を表現する指標。地球表面の構造物に与える影響や人間が感じる揺れの大きさに基づいて、人が判定する。

世界で数種類使用されている震度階級の1つであり、日本における気象庁震度階級にあたる。1873年考案のロッシ・フォレル震度階級(10段階)をもとにして、1884年にイタリアの火山学者ジュゼッペ・メルカリによって考案された。