トヨタ・タウンエースノア

提供: Ysmwiki
移動先: 案内検索

タウンエース ノアTOWNACE NOAH)は、トヨタ自動車がかつて販売していた ミニバンである。製造委託はダイハツ工業

概要[編集]

1996年にモデルチェンジされたトヨタ・タウンエースのワゴンであり、後のノアの前身となる。

グレード構成
  • ロイヤルラウンジ 7人乗り(マイナーチェンジで8人乗り追加)
  • 標準ルーフ、スペーシャスルーフ
  • スーパーエクストラ 8人乗り
  • 標準ルーフ、スペーシャスルーフ
  • フィールドツアラー 8人乗り
  • ルーフレール付標準ルーフ
  • ロードツアラー 8人乗り
  • ルーフレール付標準ルーフ
  • LD 8人乗り
  • 標準ルーフ
  • SW 5人乗り
  • スペーシャスルーフ

エクストラには特別仕様車としてリモ、リミテッドを設定。モデル末期にはリモ改めリモナビスペシャル、スペシャルエディション、ロードツアラーリミテッドを設定

先代モデルにあったスカイライトルーフは廃止。スペーシャスルーフとルーフレール付標準ルーフ車にはツインムーンルーフが選択可能。 駆動方式は後のノアと違って後輪駆動である。2001年ノアの登場に伴い生産中止。 当時既に少なくなっていたMTのミニバンであり、4WDのディーゼルターボとガソリン2WD LDにラインナップされていた。

歴史[編集]

初代 R40型(1996年 - 2001年)[編集]

1996年10月登場。商用のタウンエースと基本構造が同一である。ボディは先代のキャブオーバーから一転、セミキャブオーバーになる。衝突安全基準の見直しからクラッシャブルゾーンの確保が必須となり、エンジン搭載位置、前輪位置、キャビン前端は大幅な見直しとなった。衝突安全ボディーGOAが採用され、同時にノアとサブネームが着く。

1998年1月には一部改良を実施。ボディカラーを一部見直し、シート表皮を変更したほか、スーパーエクストラ、フィールドツアラーに前席アームレスト、オートエアコン、電動格納式ドアミラーを追加したセットオプション「Cパッケージ」が用意された。また、TECS特装車として専用エアロ、ビレットグリルなどが装着された「ロードツアラー」が設定された。

1998年12月にはマイナーチェンジを実施。前後ランプ、グリルなどの外装デザイン、インパネデザインが変更された。 ディーゼルエンジンはインタークーラー付の3C-TEに変更、このためディーゼル車のボンネットには冷却用エアインテークが装備された。 グレードは、前期モデルでTECS特装車として用意されていたエアロモデルの「ロードツアラー」が通常グレードに昇格、ロイヤルラウンジには従来の7人乗りに加えてスーパーエクストラ等と同じ8人乗りが選択可能となった。 フィールドツアラーは乗車定員の変更はないが、シート形状が他の8人乗りと異なっており、背もたれを倒すとテーブルとして使用できる等セカンドシートのアレンジが異なっていた。

2001年10月[1]に生産終了。11月にはノアの登場に伴い販売終了。販売終了前月までの新車登録台数の累計は22万3852台[2]。ノアはホンダ・ステップワゴンに対抗すべくヴォクシーと共に2002年の発売を前倒ししての登場となった[3]

脚注[編集]

  1. カーセンサーより。
  2. デアゴスティーニジャパン週刊日本の名車第38号17ページより。
  3. デアゴスティーニジャパン週刊日本の名車第64号15ページより。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

[1]-公式ウェブサイト(2001年8月11日現在のアーカイブ)